ニュースリリース

2017/09/21

神戸 西神オリエンタルホテル

ビュッフェレストラン「嵯峨野」オープン


2017/06/24

タカガワグループ 高層マンション2棟建設

新聞記事20170624

※新聞記事をクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます。


2017/04/01

2017年4月1日 リニューアルオープン!

虹の橋病院(徳島市中島田町)
石井 虹の橋クリニック(名西郡石井町)

※写真をクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます。


2017/01/07

高川学園高等学校男子バレー部 春高バレー全国第3位!

新聞記事20160729_1 新聞記事20160729_2

※新聞記事をクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます。


2016/07/29

高川学園高等学校野球部 祝!甲子園出場!

新聞記事20160729_1 新聞記事20160729_2

※新聞記事をクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます。


2016/07/07

高川学園中学校 ゴルフ部 縄田領一 日本代表選出!


2016/05/19

高川学園高等学校バレー部 中国大会優勝!


2016/04/15

高川学園中学校・高等学校 県ジュニアゴルフ選手権優勝!


2016/03/29

高川学園中学校・高等学校 2016難関大学・医学部現役合格!


2016/02/26

湯原温泉 森のホテルロシュフォール 大浴場&コテージリニューアルオープン


2015/04/10

高川学園中学校野球部 中国支部大会制覇


2015/03/13

高川学園中学校・高等学校 2015東京大学・難関大学・医学部現役合格!


2014/11/17

高川学園3年ぶりV

掲載:山口新聞

全国高校サッ力ー

 第93回全国高校サッカー選手権大会県大会(県サッカー協会など主催)は16日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場で決勝があり、高川学園が3年ぶり22回目(多々良学團時代を含む)の優勝を果たした。
 高川学團は前半25分にFW梅田魁人が先制点をあげた。後半4分には投入されたばかりのFW岡田浩平が追加点を決めて試合を優位に進める。 同37分に1年のMF伊石祐也が試合を決定付ける3点目のゴールを入れた。
 聖光は主将のMF村田逸斗を中心に鋭いカウンターで好機をつくるもののゴールに生かすことができなかった。

つなぐサッカーで頂点

 県内有数の名門・高川学園が3年ぶりに全国大会の出場を決めた。ショートパスを丁寧につなぐサッカーを展開して頂点に立った。江本監督は「 一生懸命に頑張った結果が出た」と振り返る。
 高川学團イレプンは序盤、決勝の舞台ということで1、2年生に硬さがみられた。DF石田皓大主将ら3年生が中心となり後輩たちに声をかけてチームを盛り上げた。
パスを回すことでリズムをつかみ、前半25分には右サイドからドリブルで切れ込んだFW綾部廉太朗がシュート。こぽれ球をひろったMF伊石裕也からエースFW梅田魁人が右足のワンタッチプレーで先制した

 後半からは左足の手術から復帰したばかりのFW岡田浩平がチームをけん引。岡田が持ち味のスピードに乗ったドリブルから切れ込み、手術した左足を振り切り2点目をたたき込んだ。
その後も岡田のシュートがゴールバーに当たって返ったところを伊石がヘディングで飛び込み、試合を決めた。ディフェンス陣も走り込みで培った豊富な運動量を生かし、最後まで集中力を切らことなく相手の反撃を許さなかった。
 悲願の全国大会に向け、全国制覇を目標に掲げる石田主将は「けががなくコンディションを整え、もっとレベルアップをして全国に臨みたい」と大舞台の飛躍を誓った。(木島)

ニュースリリース


2014/08/09

祝 高校ゴルフ部 徳光 祐哉 日本一!!

徳光 祐哉(3年生)が全国高等学校ゴルフ選手権大会において、2日間トータル136(初日:65,最終日:71)で、優勝に輝きました!


2014/08/06

中学ゴルフ部男子団体 全国大会準優勝!

8月3〜6日にかけて行われた全国中学校ゴルフ選手権団体の部において、高川学園ゴルフ部男子団体が準優勝に輝きました。


2014/06/10

高川、延長制す

掲載:山口新聞

 
第65回 県高校総体
サッカー
▽男子決勝
サッカー決勝は延長戦の結果、高川学園が西京に3−1で勝利し、3年ぶりの頂点に立った。高川学園の2年生FW梅田魁人が2得点の活躍。石田皓大主将は「自分たちのサッカーができた。みんなの強い気持ちが勝利に結びついたと思う」と喜びをかみしめた。

前半は高川学園がボールを有利に支配したが得点には結びつかず0−0で終了。後半6分に「攻撃に力が入りすぎた」という高川学園の一瞬の隙を突いて西京の1年生FW渡辺充樹が先制点を決めた。しかし直後の後半12分に高川学園がFW岡田浩平のゴールで同点に追い付き、延長戦に持ち込んだ。

「応援が力に」梅田2得点

延長前半2分、高川学園のMF勝本涼太郎の浮いた球に梅田が頭で合わせて勝ち越し。5分後には再び梅田が左足でダメ押しの追加点をたたき込み、試合を決定付けた。

高川学園中学時代から梅田を見てきた江本孝監督は「闘争心をむき出しにしたプレー」を買い、昨年12月の監督就任後からレギュラーに抜擢。期待に応えた梅田は「失点が自分のパスミスから生まれたので落ち込んだが、スタンドの応援の声が力になった。決められてとてもうれしい」と笑顔を浮かべた。

江本監督は「先制点を取られた後に切り替えられたのが今回の収穫。全国大会までにゴールに向かっていく気持ちや得点する技術を磨きたい」と気を引き締め、石田主将は「全国大会では優勝を狙う」と力強く誓った。(毛利)

高川学園 VS 西 京
0 前半 0
1 後半 1
2 延長前半 0
0 延長後半 0
3 合計 1


平成26年度 県高校総体 部活動実績

成 績
サッカー 優 勝
男子バレー 優 勝
女子ソフトボール 2 位
柔道 男子団体 優 勝
女子団体 2 位


2013/10/29

坂出カントリー取得

掲載:徳島新聞

タカガワゴルフ場9ヵ所目

タカガワホールディングス(HD、徳島市)は28日、総合建設業の大本組(岡山市)から香川県坂出市のゴルフ場「坂出カントリークラブ」を取得すると発表した。譲渡額を含む総取得費は8億円で、11月15日に大本組から全株式の譲渡を受ける。タカガワが所有・運営するゴルフ場は中四国、兵庫の6県で9カ所目となる。

タカガワグルーブのゴルフ場所肴会社・タカガワアトランティス(香川県まんのう町、高川晶社長)が坂出カントリーの全株式を持ち、名称や臨時、派遣を含む徒業員45人を引き継ぐ。会員からの預託金(約20億円)はタカガワに全額入金され、退会の申し出があれば返金する。

坂出カントリーは1988年に大本組が100%子会社して設立、93年にゴルフ場をオープンさせた。香川県内で有数のコースと評価され、会員数は479人、2012年度の売上高は4億1970万円、経常利益は1350万円に上る。
ゴルフ入口の減少など経営環境が厳しさを増す中、大本組は「一カ所のみの経営では効 タカガワは2003年にゴルフ場事業に乗り出した。現在、徳島と兵庫に各2、香川と震鰐、岡山、山口に各1のコースを展開。共通会員制「オーナーズクラフ」など利便性を高め、8コースとも黒字経営を続ける。 坂出カントリーはグループ内でよリグレードの高いコースとして、共通会員制を適用せず運営する。
一方、キャディーなしでもプレーできるようにするなど、蓄積してきた運営ノウハウでサービスを拡充。他のコースとのネットワークも強化して会員増を目指す。
タカガワHDの高川晶会長は「多コース展開によるサービス向上や効率化の利点を生かし、中四国と近畿でゴルフ事業をさらに進化させ、収益力を上げていきたい」と話した。(湊建治)


2013/09/21

9月21日(土) 日本テレビ『嵐にしやがれ』にて

9月21日(土) 日本テレビ『嵐にしやがれ』にて「神戸 西神オリエンタルホテル」の17F ステーキハウス “オリエンタル” が紹介されました。


2013/06/04

高川学園、春季初V

掲載:朝日新聞

瀬戸内の猛追しのぐ

 第120回春季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催、朝日新聞社など後援)は3日、松江市の市営野球場で決勝戦があり、高川学園(山口)が瀬戸内(広島)を6―5で破り、優勝した。高川学園の優勝は1983年の第61回秋季大会(当時は多々良学園)以来で、春季大会では初。

中国地区高校野球

▽決勝

高川学園 0 3 0 0 0 1 2 0 0   6
瀬戸内 0 0 1 0 1 0 1 2 0   5


隙のない野球、夏も
高川学園・谷岡錬主将
学校にいる部員に優勝旗を持って帰れるのがうれしい。苦しい中でも声を出し、雰囲気がつくれた。夏も隙のない野球をしたい。

好投手攻略、自信に
中野泰造監督 好投手を相手に結果が出たのは自信になる。バッテリーがよくやってくれた。優勝に浮足立つことなく、夏に臨みたい。

・・・高川学園は2回、浜本の安打などで1死二、三塁とすると、野選などで3点を先制。7回にも朝田、橋谷の長打などで追加点を挙げた。瀬戸内は相手打線を上回る10安打を放ち、8回には山本の右越え2点本塁打で1点差まで追い詰めたが、及ばなかった。

「足」で崩しリベンジ

「走者が出れば、おもしろい試合になる」。高川学園の中野泰造監督は、3月の練習試合で瀬戸内に完封負けを喫しながら思った。その狙いが当たったような展開を見せ、高川学園が中国大会の決勝という大舞台でリベンジを果たした。
 2回1死一、二塁で走者中林と浜本がダブルスチールを決め、チャンスを広げた。打者・長谷川は「ねらった」という遊ゴロ。中林が本塁へ滑り込み、先制した。直後に長谷川も二盗を決め、3点目につなげた。
 6回2死一塁の場面は、一塁走者の主将谷岡が二盗を試みた。捕手が二塁へ送球したが、「これは抜ける」と谷岡が感じた通り、悪送球に。一気に三塁まで進み、続く安の左前打で追加点をあげた。
 エース浜本は10安打を浴びたが、要所を締めた。8回には2点本塁打を浴び、1点差に詰め寄られたが、その後は2者連続三振に。9回は三者凡退で締めくくった。
 つなぐ野球、足でかき回す野球……。高川学園らしいプレーで、県勢として5年ぶりに春の中国大会を制した。試合後、選手らは互いに「夏が本番や」と声をかけあった。 (栗林史子)

【高川学園】
長谷川
谷岡
朝田
住本
橘谷
真鍋
中林
浜本
振球犠併残
87009 34


【瀬 戸 内】
北吉弘
吉本
沖繁
足立
岩城
佐藤
山本
大町
溝口
久保田
山岡
振球犠併残
71207 36 10




ページ先頭へ